カワグチマニアのステッカーがお店でもらえます! >>詳しくはこちら

【前川】驚きの黒さ!「GATOPAN」川口前川店で黒の生食パンを買ってきた

メディアにも取り上げられ人気の噂は耳にしていて、ずっと前から気になっていたお店「GATOPAN」さん。

今まで2度足を運ぶも、お目当ての商品は完売でお目に掛かることができなかったのですが、本日ようやくお目当てである黒の生食パンをゲットできたので、その喜びと共に「GATOPAN」さんをご紹介します。

本店は創業1970年の老舗ベーカリー

2018年にリニューアルしたという「GATOPAN」さん
セリフ体のおしゃれなフォントなお店ロゴ

埼玉県内に6店舗を構える#58(ナンバー58)グループの「GATOPAN」さん。

本店である川口前川店の前身は、創業1970年の長楽ベーカリーというお店で、創業当時から受け継いだ徹底したこだわりの製法で、他にはない最高級生食パンを真心込めて作っているとのこと。

現在は「GATOPAN」の前川、「#58」の屋号で東川口・蕨・南越谷・戸田公園・西浦和に店舗があります。

日本で唯一、ここだけの「黒の生食パン」

僕がずっとお目当てにしていた名物「黒の生食パン」。今まで足を運んだときには完売完売で悔しい思いをしてきたのですが、、今回早起きをして開店間もない時間に訪れたことで無事に購入できました。

名物「黒の生食パン」こちらは1斤サイズ(\480)
こちらは2斤サイズ(\880)

黒さの秘密は竹炭とこんにゃく芋

名物「黒の生食パン」、こちらがなぜこれほどまでに黒いのかというと、それは生地に練り込まれた竹炭とこんにゃく芋によるもの。

翌日のお通じが「真っ黒」になるとのこと。。

竹炭は体内の余分なものを吸着して排出してくれるとのことで”腸活”の助けになるため、女性に大人気の商品とのこと。

また、お店曰く「美味しく食べて健康に」をテーマに、日本初のメディカルベーカリーとして作られているそうです。

名物「黒の生食パン」以外の美味しいラインナップ

看板メニューである「黒の生食パン」以外にも水あめとこんにゃく芋が練り込まれた「白の生食パン」もあったり。

#58の焼き印が入った「白の生食パン」1斤サイズ(\425)
こちらは2斤サイズ(\770)
「白の生食パン」は練り込まれた水あめによって優しい甘さとのこと

名物である「黒の生食パン」や「白の生食パン」が注目されているこちらのお店ですが、僕がお目当てにしていた商品は実はもう1つあってそれがこちら。

日本一ふわふわ?な生シフォン

こちらがお目にかかれて心が弾んだ生シフォン。ふわふわふるふるで崩れてしまいそうなほどの柔らかさとインパクトある大きさ。

特製生シフォンケーキ。左がバニラで右が紅茶味
ホント大きいのでぜひ実物を見てほしい

ということで、僕は「黒の生食パン(1斤)」と限定のこだわり卵の(ごめんなさい、商品名を忘れてしまいました。。)シフォンケーキ(ホール)をお買い上げ。

こちらで撮影と掲載の許可をお尋ねしたところ、快くOKをいただけました。

お店のスタッフさん方、営業中のところありがとうございました!

また、持ち帰りの袋もビニールと紙袋を選べるところも嬉しいポイント。シンプルでおしゃれなデザインの紙袋はちょっとしたプレゼントや贈り物にもちょうどよさそう。

紙袋の白い面。セレクトショップの手提げ袋のようなおしゃれ感。
こちらは反対面。手提げの紐が色違いなのもおしゃれポイント高い。

さっそく食べてみた

ということで、ずっと食べたかった「黒の生食パン」と「シフォンケーキ」を買えてご満悦で帰宅。

さっそく朝ごはんに食べてみました。

黒の生食パンはモチモチふわふわ他にない不思議な味わい

中まで真っ黒

まずは黒の生食パンをいただいたのですが、せっかくなのでトーストなどはせず生のままでガブリ。

市販の食パンとは違うもっちもち且つふわふわな食感。黒の見た目のイメージとは裏腹にすっきりした小麦の味わい。竹炭とこんにゃく芋が練り込まれているおかげか普段のパンとは違う不思議な味わいでとても美味しかったです。

生シフォンケーキはペロリと食べられる軽さとくちどけ

ナイフを入れると崩れてしまいそうなほど柔らかかった

直径20cmほどで高さは10cmほどもある生シフォンケーキ。改めて見てもデカい。本当にデカい。

カットするために持ち上げるとあまりの柔らかさに崩れてしまいそうなフルフル加減。

慎重にナイフを入れてカットし一口食べてみると驚きの軽さ。シュワっとあっという間に溶けてしまうほどのくちどけの良さと優しい甘さに結構なサイズだったにもかかわらずペロリと食べ切ってしまいました。

なんで「#58」というお店の名前?

ところで、商品やグループ店舗名すべてに使用されている「#58(ナンバー58)」の数字。

なんで58なんだろうと調査したところ、こんな理由が。

創業者が背負った背番号

※以下、店舗公式Twitter引用

「#58」創業者は野球少年だった。小さな背中に重く大きな背番号58。 それから彼は大人になり至った想いは… 「あの頃の素直さ、あの頃の一生懸命さ、 あの頃の謙虚さ、あの頃の無邪気な自分」をこれから絶対に忘れない! そしてこの#58ブランドが2018年始動した。

https://twitter.com/Gatopan58/status/1216916488642150400?s=20

なるほど、58という数字は創業者の方がかつて野球少年だったときに背負った背番号だったのですね。

当時の思いを忘れないためにも屋号とする心意気が素敵。

今回僕は予約なしでの訪問で欲しい商品をゲットすることができましたが、電話による予約・お取り置きも可能とのことなので、絶対に食べたいという方は予約することをオススメします。

ということで、日本で唯一ここだけの黒い生食パンのお店「GATOPAN(#58)」さんのご紹介でした。

GATOPAN川口前川店のお店情報

住所〒333-0842 埼玉県川口市前川4丁目45−12
TEL070-5453-1625
営業時間火曜日〜日曜日 8:00〜20:00 (無くなり次第閉店)
定休日月曜日/第2・第4火曜日
公式Webサイトhttps://58bakery.com/
Twitterhttps://twitter.com/Gatopan58
Instagramhttps://www.instagram.com/gatopan58/
Facebookhttps://www.facebook.com/kurononamashokupan/

情報提供・ご意見・ご要望フォーム

カワグチマニアではみなさんからの情報提供をお待ちしております。川口市のおすすめスポットがあれば、フォームよりご連絡ください。

SNSでシェアする