カワグチマニアのステッカーがお店でもらえます! >>詳しくはこちら

【戸塚東】優しい味わいはお茶請けにもお土産にも!「けやき最中 渡邊屋」に行ってきた

今回ご紹介するのはJR東川口駅(埼玉スタジアム線東川口駅)が最寄りの「けやき最中 渡邊屋」さん。

線路沿いを東方向へ5分ほど歩いたところに住宅兼お店として看板を置く建物が見えてきました。

趣を感じる重厚な店構え
優しさと歴史を感じる手書きフォントの看板

店名にもなっているけやき最中は添加物不使用

入り口の扉を開けると奥の方から「はーい」と明るい声が聞こえ店主の石井さんが迎えてくれました。

名物けやき最中(こしあん)。1個からでも買えます。
白あん
つぶあん

店内のショーケースを眺めると、おやつに嬉しいバラ売りと贈答用にちょうどいいセットタイプが。

他にも、自分であんこを包んで食べることができる「手づくり欅(けやき)」も並んでいたり。

2000年に営業を開始したという渡邊屋さん。店主の石井さんにお話を伺うと、お1人で看板メニュー「けやき最中」の製造・販売まで行っているとのこと。

「けやき最中」の原材料には国産のものだけを使用し、添加物は一切使っていないためお子さまでも安心して食べられるみたい。

砂糖はザラメを使用しているので甘すぎず、あんこがぎっしり詰まっていても飽きずに食べられるのがこだわり。

埼玉県民には馴染みのある”ケヤキ”

商品名に使われているけやきも県民の木であるケヤキから取っているとのことで、そう言われてみると「けやき通り」や「けやきひろば」ってあるなぁと。埼玉県にとってはとても馴染みのある商品名。

最中の見た目もケヤキの木の外皮をイメージしているとのことでまさに地元にちなんだお菓子となっています。

ちょうど翌日人に会う約束もあったので、6個入りのセット(つぶあん・こしあん・白あん2つずつ)を2つ購入。ひとつは自宅用にしました。

梱包も丁寧にしていただき、紙袋も1枚余分のものを一緒に袋に入れていただける心遣い。店主の石井さんの優しさを感じました。

川口市観光協会の推奨品にも選ばれたことがあるみたい

全国発送も行っているとのことで、たくさん買って色んな人にお裾分けもできちゃいますね。

また、賞味期限も1週間ほど日持ちするとのことでここも嬉しいポイント。日持ちしないお土産だとちょっと渡す相手に気を使ったりしますもんね。

あんこはぎっちりでも軽く食べられます

自宅用に買った最中(つぶあん)を早速お茶請けに食べてみました。

高級感感じる和紙のような包装

包を破って開けると凹凸のケヤキの木をイメージした最中が。

おやつにもちょうどいいサイズ感

割ってみると中にはあんこがぎっちり。一口食べると最中はサクッとした食感も残しながらしっとり。あんこは甘すぎず、くどすぎずで飽きずにぺろり。優しい味わいと素朴な味わいにどこかホッとできるお菓子でした。

ということで、東川口駅最寄りの優しい味わいが特徴のけやき最中を販売する渡邊屋さんの紹介でした。

店主が石井さんなのになんで「渡邊屋」なんだろうと疑問に思ったのはまた別のお話で。

けやき最中 渡邊屋の店舗情報

住所〒333-0802 埼玉県川口市戸塚東1丁目12−3
TEL048-297-0372
営業時間10:00〜18:00
定休日日曜日

情報提供・ご意見・ご要望フォーム

カワグチマニアではみなさんからの情報提供をお待ちしております。川口市のおすすめスポットがあれば、フォームよりご連絡ください。

SNSでシェアする